ペットのニワトリ「ラルチャ」!!

ニワトリと言ってもちょっと特殊
闘鶏(とうけい)のメス鳥「ラルチャ」の紹介です

→English
←前ページ 次ページ→

「うんち」も知ってるよ

あたいはね「うんち」って日本語も知ってるよ。それにトイレット・ペーパーも。
この白い紙を見せられて「うんち」って言われると、お尻がむずむずとしてくる。
そして一生懸命にうんちをするようにしている。

頑張ってるけど・・・

しこまれたからじゃなくて、うんちをすると御主人がトイペーでとっていたから自然に覚えた。
御主人もそれに気付いて、「うんち」と言いながらトイペーを見せるようになったんだ。
あたいはニワトリだからやっぱりしたくなったらしちゃう。でも巣箱の中や自分の“家”ではしないよ。

これが朝の日課

朝一番で御主人がベランダのドアを開けてくれる。
ベランダでしばらく歩いて、夜の間にたまったのをブシュっと出すことにしている。
ア ヘンな話になってゴメンね。でも朝一番の用足しは気持ちがいいよ。

御主人のポーランド・ブログはこちら → 写日記@ヨーロッパの田舎

目次
メモ

《ニワトリとうんち》
普通のニワトリはペットのイヌやネコのように決まった場所でうんちをするようにはなりません。

このラルチャはある程度うんちのことが分かるとても珍しいニワトリです。

ニワトリにも学習能力があることは知られていますが、ラルチャは多分籠の中ではなくて、人間と一緒に暮らしている間に学習したのだろうと思います。

カウンター